おいしい食卓へのかけはし_Foodway

Career up階層に応じて役職や職責が決定されやりがいも充分です。 Career up階層に応じて役職や職責が決定されやりがいも充分です。
インタビュー写真

Q01

何故、就職先に
フードウェイを選んだのですか?

インタビュー写真
小宮アイコン

コロナ禍の中、人々の生活に密着したスーパーマーケットの重要性を感じました。社会に必要とされる仕事をしたいと思い、当社を選びました。

西森アイコン

飲食店でアルバイトした経験を生かして飲食業に就きたいと思い、店舗の雰囲気、福利厚生や給料などの待遇なども見てここに決めました。

大野アイコン

面談時に人事担当者から「これから会社を変えていきたい」という思いを聞きました。スーパーマーケットとして歴史の浅い当社は柔軟性に富み、成長する伸びしろがあると感じ、こんな熱い思いを持った社員と一緒に働いてみたいと思って入社を決めました。

仲西アイコン

僕も社員の情熱を感じました。“成長中の会社”という印象を持ち、ここで働きたいと思いました。

インタビュー写真

Q02

スーパーマーケットは土日曜・
祝日も営業しているため、
皆さんの勤務はシフト制です。
土日曜・祝日に働くことに
ためらいはありませんでしたか。

インタビュー写真
久江アイコン

私は曜日を意識したことはなく、むしろ人出の少ない平日に休みたいと思ったほどです。

西森アイコン

私も同じ。平日は人出が少なく、平日サービスがあってメリットは多いですよ。シフト制で働いている友人と休みを合わせることもできます。

大野アイコン

5日働いて2日休みという勤務体制で週休2日ですから、僕も曜日は気になりませんでした。

インタビュー写真
インタビュー写真

Q03

職場の雰囲気を教えてください。

インタビュー写真
西森アイコン

入社前は「私に精肉や水産ができるかな?」と不安でしたが、1週間経てば業務の流れがわかるようになり、1カ月もすれば自分から商品出しをするようになりました。わからないことは先輩社員やパートさんたちが教えてくれるし、悩んでいる姿を見ると「どうしたの?」とすぐ声をかけてくれます。

江口アイコン

人見知りの僕は職場になじめるか不安でした。話してみると皆さん優しくて、不安は杞憂に終わりました。「新入社員だから任せられない」という雰囲気はなく、発注や売り場づくりも任せてもらえます。

大野アイコン

僕も発注を経験しました。新入社員でも信頼してくれるし、いろんな経験をさせてもらえて嬉しいです。

久江アイコン

水産部門は男性社員ばかりで不安でした。料理は苦手だし、魚のにおいも苦手で…。パート社員さんに「すぐに慣れるよ」と励ましてもらい、実際にやってみたら楽しかったです。男性社員の皆さんも気遣ってくれました。

小宮アイコン

外国人実習生の方と一緒に働いています。入社当初は作業手順も言葉もわからなかったのですが、仕事に慣れた今は楽しく、外国人の方からもいろんなことを学べて面白いです。

インタビュー写真

Q04

どんなときにやりがいを
感じますか。

インタビュー写真
江口アイコン

売り場や売り方を工夫し、売れ行きの伸びない商品が売れた時は嬉しい。アイデア次第で売れ行きが変わるところがこの仕事の面白さだと感じます。

大野アイコン

電話営業や飛び込み営業をしてお客様のところに行くのではなく、お客様のほうから店舗に来てもらえます。僕たちは目の前にいらっしゃるお客様のために一生懸命仕事をすればいい。働く目的がはっきりしています。“お客様のため”を意識し、お客様に喜んでもらうことがやりがいにつながっています。

仲西アイコン

対面販売でおすすめ商品を買ってくださり、後でお客様から「美味しかったよ」とお礼を言われました。お客様とのふれあいは楽しいです。

小宮アイコン

お客様から「昨日は顔を見なかったね」と声をかけられることも。顔なじみのお客様が増えていくと楽しいですね。

インタビュー写真

Q05

学生の皆さんへメッセージを
お願いします。

インタビュー写真
仲西アイコン

入社前は売り場で体を動かすイメージを抱いていましたが、入社してみると考えることが多い。売り場や料金設定で大きな差が出ます。当社は自分の考えを形にする楽しさがあり、僕らもチャレンジさせてもらえます。

江口アイコン

学生時代のアルバイトでは、効率ばかり考えていましたが、仕事となると、それだけではいけないと感じます。お客様とのおしゃべりも必要で接客も楽しいです。

小宮アイコン

店舗の先輩社員は優しく、年上のパート社員さんたちもよく声をかけてくれます。最初は不安でしょうが、研修を重ねるうちに不安はなくなっていきます。

インタビュー写真
インタビュー写真
江口アイコン

アルバイトは言われた通りにしていればいいでしょうが、社員となると全体を見て自分で考えて動かないといけない。自分に何ができるか意識しながら、能動的に働くと楽しいです。

西森アイコン

学生の頃、就活に熱心な友人たちを見て、「自分は就職できるだろうか」とすごく不安でした。内定をもらえなくても「次の会社を受ければいい」と思って就活を続け、それが良い経験になっています。「うまくいかない」と思っている人でも、救ってくれる企業はきっとあります。私は当社に拾ってもらい、これも縁だと感じています。自分に合う企業はきっと見つかりますよ。

久江アイコン

私はアルバイト経験がなく、働くことも福岡に住むことも初めて。まだまだ必死ですが、人事担当者やパート社員さんが「大丈夫?」と常に声をかけてくれて、「一人じゃないんだ」と感じます。このような人とのつながりは社会に出て気づいたことです。自分に何が向いているのか、どんな企業がいいのかわからず、不安な人もいるでしょうが、いったん社会に出て、それから考えてみるのもいい。当社で流れに身を任せてみるのも一つの方法です。一緒に頑張っていきましょう。

インタビュー写真
ENTRY